文化祭に、おいりませに

38名の文化祭(11/13開催)。ひとり何役もこなし、みんな立派なものです。

特に、佐護中学生による棹崎怒濤太鼓はすばらしかった。今年初めて見学した私の妻は、いたく感激していました。また、中学生バンドが、HYの「A.M.11:00」。いい曲選ぶな~。
c0196087_0323625.jpg

(写真)中学生全員による合唱

話は変わりますが、先日、「おいりませ」がありました。

神無月の間、八百万の神々が出雲の国に集まります。

旧暦10月31日~11月1日(新暦11月24、25日)に、対馬の神々は島の社に帰って来​られるわけですが、そのお迎えをする伝統行事を「おいりませ」と​いいます。(集落によっては、早めに出かけたり帰ってきたりするそうです)

帰ってくると、風が吹いて頭を撫でられたり、「コトっ」「パタっ​」という音がするそうです。

私が住んでいる集落では、昨晩、5名の男衆がお迎えをしました。

年々、参加人数が減っているので、寂しい限りですが、出雲の国で​神様たちは「縁結び」の会議をされているのであって、独身男性は​ご馳走を用意してお迎えしないといけないと思うんですがね・・・​。
c0196087_0332050.jpg

仁田ノ内の若宮神社
by sagoku_tsushima | 2011-11-28 00:34 | 佐護のイベント

国境の島・対馬の最西北端に位置する対馬市上県町佐護区。佐護の魅力や佐護を盛り上げるための活動・イベント情報をお届けします。


by sagoku_tsushima