6/11-12あじさい祭・パラグライディング対馬大会

絶対に私ではないのに(僕自身ハレ男だと思い込んでいます)、福岡から佐護に帰ってきて祭に駆けつけるやいないや、私が雨雲を持ってきたのだと集中砲火に遭いました。私が留守していた土曜日は快晴で、90本もパラグライディングのフライトができるほどの好天だったそうでなおさらです。

S副区長は満面の笑みで私を見つめ、これまでのアメフラシぶりの罪が一気に洗い流されたかのような爽やかな表情でした。

そういう状況の中、A副区長は、最後の閉会挨拶で「みなさん、これもアジサイにとっての恵みの雨だと堪えてほしい」と一言。いやー、いいこと言います。その一言に報われました。

さて、そんな内輪ネタはさておき、雨で中止になるだろうと誰しも思っていた「第10回あじさい祭・パラグライディング大会」。パラグライディングでは、選手が海や森に落ちたりするアクシデントはありましたが、無事にイベントを終えることができました。ご来場いただきました皆様、イベントにご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。そして、スタッフの皆様、本当にお疲れ様でした。

来場者は約2千人。メインのあじさいロードウォーキングには約千人の方が参加。不安定な天候にもかかわらず、例年にも勝る盛況ぶりでした。
c0196087_0381159.jpg

ヒラスではなく、ヤズのつかみ取り。活きが良すぎで子供たちは苦戦
c0196087_0383230.jpg

対州馬の乗馬体験も子供たちに大人気
c0196087_0385173.jpg

ツシマヤマネコの「つばきちゃん」も相変わらずの人気者でした
c0196087_0391338.jpg

祭り最後の締めくくり「もちなげ」。無病息災、みなさんにとってよい1年になりますように
by sagoku_tsushima | 2011-06-17 00:40 | 佐護のイベント

国境の島・対馬の最西北端に位置する対馬市上県町佐護区。佐護の魅力や佐護を盛り上げるための活動・イベント情報をお届けします。


by sagoku_tsushima