しめ縄づくり

12月20日、仁田ノ内、深山、恵古地区で神社のしめ縄づくりがありました。

仁田ノ内では、地区の方々約20名が共同作業(他地区は役員の方のみだとか)。

稲ワラを束ねる人、しめる人、縄からはみ出たワラをハサミで切る人、「こうやって作るんだ」と指導する人など、毎年恒例のことで、それぞれの役割が分化されていました。

私は「しめる人」。普段使わない筋肉を使って少し疲れました。
c0196087_18252891.jpg

ワラをしめる作業
c0196087_18272662.jpg

しめ縄を飾り、新年を迎える仁田ノ内・若宮神社

しめ縄づくりの後は、仁田ノ内の田んぼをイノシシ被害から守るため、みんなでワイヤーメッシュの設置作業を行いました。ひたすら鉄杭を打つ作業で、終了時に気がゆるんでしまい、自分の指を打ってしまいました(27日のクロ釣り大会には支障がなく安心)。
by sagoku_tsushima | 2009-12-25 18:28 | 佐護の歴史・文化

国境の島・対馬の最西北端に位置する対馬市上県町佐護区。佐護の魅力や佐護を盛り上げるための活動・イベント情報をお届けします。


by sagoku_tsushima