佐護の風景の過去・現在①

佐護恵古在住の佐護康男さんという方が、1970年代の佐護の風景写真を持って見えられました。千俵蒔山や湊浜、恵古の中心街など貴重な写真が数多くあり、早速お借りして電子化しました。また、当時の佐護青年団の活動風景写真もあり、当時の思い出話を聞くことができました。

c0196087_255651.jpg

1973年(昭和48)11月3日、千俵蒔山からのぞむ湊浜(佐護康男氏提供)。美しい砂浜であったことがよく分かります。当時はハマグリがよくとれ、また、毎年のようにウミガメが産卵のために上陸したそうです。

c0196087_271260.jpg

2009年5月24日、同じアングルからのぞむ湊浜。現在は、湊浜シーランドステージという施設が整備され、砂浜もごく一部だけ残されています。今では、ハマグリもウミガメの上陸も見られなくなりました。ウミガメの上陸を阻害している要因として、街灯や漂着ごみ、砂浜の幅の狭さなどが指摘されています。ウミガメの卵が海水に触れると孵化しなくなるそうで、砂浜の奥行きが特に重要のようです。とりわけ佐護では神聖な生き物であったウミガメ(棹崎付近のウミガメはとってはいけない、混獲した場合は酒をあげて海に帰す等)を呼び戻す術はないのでしょうか。
by sagoku_tsushima | 2009-05-28 02:08 | 佐護の自然

国境の島・対馬の最西北端に位置する対馬市上県町佐護区。佐護の魅力や佐護を盛り上げるための活動・イベント情報をお届けします。


by sagoku_tsushima