<   2011年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

対馬贅沢生ポンス

「対馬贅沢生ポンス」。

長崎ではおなじみのチョーコー醤油さんの新商品で、原料のゆずは、すべて佐護仁田ノ内の大石農園のもの。

早速、1セット予約しました。みなさん、お歳暮に、鍋料理にいかがですか?

【参照】
チョーコー醤油HP
by sagoku_tsushima | 2011-11-28 00:57 | 佐護の農業

文化祭に、おいりませに

38名の文化祭(11/13開催)。ひとり何役もこなし、みんな立派なものです。

特に、佐護中学生による棹崎怒濤太鼓はすばらしかった。今年初めて見学した私の妻は、いたく感激していました。また、中学生バンドが、HYの「A.M.11:00」。いい曲選ぶな~。
c0196087_0323625.jpg

(写真)中学生全員による合唱

話は変わりますが、先日、「おいりませ」がありました。

神無月の間、八百万の神々が出雲の国に集まります。

旧暦10月31日~11月1日(新暦11月24、25日)に、対馬の神々は島の社に帰って来​られるわけですが、そのお迎えをする伝統行事を「おいりませ」と​いいます。(集落によっては、早めに出かけたり帰ってきたりするそうです)

帰ってくると、風が吹いて頭を撫でられたり、「コトっ」「パタっ​」という音がするそうです。

私が住んでいる集落では、昨晩、5名の男衆がお迎えをしました。

年々、参加人数が減っているので、寂しい限りですが、出雲の国で​神様たちは「縁結び」の会議をされているのであって、独身男性は​ご馳走を用意してお迎えしないといけないと思うんですがね・・・​。
c0196087_0332050.jpg

仁田ノ内の若宮神社
by sagoku_tsushima | 2011-11-28 00:34 | 佐護のイベント
 2011年
今年もクロの季節到来!

さっそく、昨日11月13日に釣りに行ってきました!

佐護の文化発表会に行ったら大江の名人が「昼から船で行こうや」

私も即決で「いいよ」。その場にいたキャプテンS・Nさんに船を交渉!

S・NさんもOK!  いざ釣りに!

北西の風が吹いていたため、西の瀬はあきらめ、今回は、大瀬へ・・・

大江の名人とキャップS・Nさんは沖を流し、私は丘を向いて・・・

するとすぐに、S・Nさんがクロを!(10㎝くらい) 初回から大漁の予感・・?

でも、それからは、クサビ・・クサビ・・ちっちゃいクロ・・クサビ・・クサビ・・・

とにかくクサビ・・・         もうイヤ~

時間も4時を過ぎてきて、焦りが・・キロオーバーは無理なのか・・・

私も沖を向いて、釣りを。すると手のひらサイズだけどFISH!

名人もキャップもFISH!!  キターッ!

でもサイズがアップしない・・・

日も暮れ、最後の1投。 するとキャップと自分にFISH!!

自分のは、また手のひら・・・残念。

でも、キャップのは、竿が曲がってる!

なんと1,113キロ! 初釣りでキロオーバー!!  


おめでとう!!

11月13日に1,113キロ・・・   やるばい。





カメラを忘れてたので、今回は写真なしです・・

また、今年もどんどん投稿します。
by sagoku_tsushima | 2011-11-14 09:54 | クロ(グレ)釣りチャンピオン
今回は、とりわけご婦人方に人気がありました。

「食」はみんなを笑顔にし、夢をふくらませる共通テーマだなと実感しました。

今回、講師をお願いした大石孝儀さんは、果樹をはじめ、農業技術の専門家。とにかく詳しく、わかりやすい。
c0196087_23183520.jpg

まずは、大石さんが平成13年から植栽されているユズ園でゆずの収穫体験。そこで、ユズ園の概要や栽培・収穫のコツを教わりました。

参加者みなさん、ご自宅の庭や山にユズがあるそうですが、初めて知ることも多かったようで、真剣に耳を傾けてられました。
c0196087_23173910.jpg

大石さんのゆず園で記念撮影
c0196087_23195885.jpg

収穫体験後は、仁田ノ内地区の集会所に会場を移し、40分ほど大石さんの座学講義がありました。「ごっくん馬路村」(ゆずドリンク)で有名な高知県馬路村(人口約千人の村で、ユズ関連商品の売上30億円)などの事例を交えながら、ゆずの栽培技術から加工、経営のことまでお教えいただきました。

また、対馬在来の柑橘類のお話や、第1次産業(農林水産業)、第2次産業(加工・製造業)、第3次産業(観光等サービス業)を連携させ、地域への経済波及効果を高める「第6次産業化」のお話もあり、大変勉強になりました。
c0196087_23201935.jpg

講義の後は、ゆずの加工体験。みんなで柚子胡椒づくり。ご婦人は手際がいいですね。さすが。
c0196087_23204711.jpg

すりたての柚子胡椒。大石さんは「対馬佐護郷 ゆず胡椒」という名称で対馬空港などで販売されています。すぐに売り切れてしまうとか。
c0196087_23211457.jpg

加工体験後は試食会。ただの試食会ではなく、大石さんが集めた全国各地の柚子胡椒と食べ比べてみました。
c0196087_23213963.jpg

どれが美味しいか・・・。私は「対馬佐護郷ゆず胡椒」が一番おいしかったと思います!

大石さんの講義資料にタイトルは、「SAGOGOGO」。大石さんがふるさと佐護に帰ってこられたことは、佐護の将来にとって大きなプラスです。この区民大学をきっかけに新たな動きが生まれるといいですね。

GOGOSAGOGO!
by sagoku_tsushima | 2011-11-03 23:22 | 佐護のイベント

国境の島・対馬の最西北端に位置する対馬市上県町佐護区。佐護の魅力や佐護を盛り上げるための活動・イベント情報をお届けします。


by sagoku_tsushima