<   2010年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

収穫の秋

 佐護には今、「稲作研究会」という米作りを考える会があります。
c0196087_152349.jpg

まだ3年目でこれからの会ですが、佐護農業を真剣に考えていっています。

自然やツシマヤマネコと共存できることを試行錯誤しながら・・・

今年も、そろそろ試験田のお米の収穫がやってきます。
c0196087_1511287.jpg

今は、少量でみなさんに販売できるほどの量ではありませんが

行く行くは、数多くのみなさんに、食べてもらえるだけの収穫を目指し、

頑張っていくので宜しくお願いします。

また、近いうちに、

   「つしまやまねこ」と友に・・・  佐護ツシマヤマネコ米

             のタイトルでホームページを開設しますので詳しい内容はHPで。
by sagoku_tsushima | 2010-09-28 15:10 | 佐護の農業

久しぶりに

 みなさんお久しぶりです。

かなりサボってましたが今度からまた、アップしていきますので宜しくお願いします。


帰り道、韓国方向の空気が澄んでいたので「あじさいロード」から帰ると
すごくいい風景でした。
c0196087_14353978.jpg

さらに佐須奈方向に「虹」まで見えました。滅多に無いダブルですよ。
c0196087_14365798.jpg

今から、冬にかけて空気の澄んだ日は、よく韓国がみえますよ。
c0196087_1438815.jpg

10月の花火も楽しみです。
by sagoku_tsushima | 2010-09-28 14:48 | 佐護の自然

運動会

台風通過後、ずいぶん涼しくなり、秋らしくなってきました。佐護の田んぼは、早米(コシヒカリ)の収穫作業で大忙しです。
c0196087_0455332.jpg

ソバ畑では、お盆頃に蒔いたソバの種がいっせいに芽を出し、ぐんぐん育っています。

12日に予定されていた佐護小中学校・保育所の運動会は、雨で14日に延期。今日、無事に終わったようです。平日のため参加できなかったのですが、佐護音頭は踊りたかった。
c0196087_045632.jpg

運動会の様子。友谷地区は、朝6時半からテントを立てていたとか。早い!

秋といえば、佐護の一大イベントである区民体育大会がやってきます。今年は、10月24日(日)の実施に決定(雨天中止)。競技種目は昨年同様、グランドゴルフと地区別対抗綱引きです。みなさん、湊地区に負けないよう、筋力を鍛えておきましょう! 他の地区からは、湊の漁師の参加人数に制限をという泣き声が挙がっています。パワーでは湊、重量では友谷、チームワークは仁田ノ内地区、といったところでしょうか。
by sagoku_tsushima | 2010-09-15 00:46 | 佐護のイベント

8月も終わり

8月は毎週末何らかのイベントや行事があるので、あっという間に過ぎ去りますね。

この前の日曜は、上県町消防団の夏季訓練として、実戦放水大会が開催されました。佐護には、上県第2(仁田ノ内・深山・恵古)、3(井口・友谷)、5分団(湊)があります。第2分団は、自動ポンプ車の部に出場し、見事優勝。とはいっても、私は大ミスをしてしまい(筒先とホースがうまくつながらず、放水時に外れてしまうという大失態)、やんこも怒られてしまいました。打ち上げでは、なかなかビールを飲ませてもらえませんでした。

第3、5分団は、小型ポンプの部に出場。第4分団(西津屋)の早朝練習が相当なものだったのか、惜しくも優勝を逃してしまいました。

私は、同じ佐護の分団に所属する者として、第3、5分団の勇姿を動画で記録しましたので、下記アドレスにて、ぜひご覧ください(3分団については、諸事情によりアップしておりません)。

5分団の勇姿!→http://www.youtube.com/watch?v=TcqkUMuaS10

夏季訓練は午前中に終わったのですが、午後からは、全国の獣医学科系等の学生21名が、ツシマヤマネコや佐護での地域活性化の取り組みを学びに来たので、佐護中を案内して回りました。とても熱心な学生たちでした。
c0196087_0575949.jpg

まずは、千俵蒔山の草原再生について説明。山頂の草原に寝ころぶ学生たち。山頂から見渡せる海、風車、草原、上島の山々、50km先の韓国の風景に見入ってました。コビルマに、やまねこもなかをプレゼントしましたが、大変好評でした
c0196087_181472.jpg

続いて、稲作農業とヤマネコ保護・生物多様性のかかわりについて説明。体験として、田んぼの生き物調査を学生たちに手伝ってもらいました。「田んぼの中に、こんなにたくさんの生き物がいて感動しました。肌で生物多様性を感じることができました」だそうです。学生たちには、田んぼや草原の風景が「自然」に残っているもの・在るものではなく、人の働きかけがなければ維持してゆけないこと、里地・里山を守る意義について語りました。夜は、湊浜シーランドステージでBBQ。佐護の方々との語らいに、お互い刺激になったようです
by sagoku_tsushima | 2010-09-01 01:09 | 佐護のイベント

国境の島・対馬の最西北端に位置する対馬市上県町佐護区。佐護の魅力や佐護を盛り上げるための活動・イベント情報をお届けします。


by sagoku_tsushima