<   2010年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

あじさい祭2週間前

今日も風が強く5月末にしては寒い一日でした。

あじさい祭2週間前ということで、今日は旗立てと看板の設置作業。毎年のことながら、手際よいスムーズな段取りは、さすが実行委員会の事務局長ですね。

で、昨日は日韓ビーチクリーンアップが井口浜で開催されるのに併せて、湊浜を清掃。ここは、パラグライディングのランディング地点になるので、きれいにしておかねばなりません。が、拾っても拾っても・・・。途方に暮れる量のゴミでした。外国からのゴミが多いと思ったら、結構日本のゴミが多くありました。
c0196087_123980.jpg

湊浜の清掃作業

一方、佐護の田植えは終盤を迎えつつあります。6月の2週目には終わるとのことで、あじさい祭が田植えの慰労やまんさんであってほしいですね。

私も今年は5畝(5アール)ほど完全無農薬でチャレンジ。24日に田植えを終え、今は捕植で全身筋肉痛です。除草剤を使っていないので、早速雑草の芽が出始めました。近いうちに中耕除草機の出番です。
c0196087_1232626.jpg

前田んぼ

田んぼの世界は、にぎやかになってきましたね。代かき・田植え後、すぐにカエルの産卵が見られました。また、ここ数日は佐護の田んぼにクロツラヘラサギやアカガシラサギなども飛んできてました。すごいことです。
by sagoku_tsushima | 2010-05-31 01:26 | 佐護のイベント

一葉タゴ

遅めでしたが、今年もきれいなヒトツバタゴが咲きました。
(この雨で散りましたが)

佐護では、多くの人が庭先にヒトツバタゴを植えてられますが、それぞれ趣があっていいものです。ぜんぶ写真とって並べて見比べたいものです。

1つお知らせですが、6月12,13日に「あじさい祭・パラグライディング対馬大会」が開催されます。今年もお楽しみプログラム満載です。詳しくは、CATVやポスターをご覧下さい!

c0196087_1325235.jpg

佐護井口Sさん宅のヒトツバタゴ。見事ですね。
by sagoku_tsushima | 2010-05-19 13:06 | 佐護の自然
5月らしく、やっと鳥も人も賑やかになってきました。

ヤマショウビンやアカアシチョウゲンボウ、いやーすごい鳥たちが佐護に来るもんです。

鳥情報は、「対馬野鳥図鑑」掲示板でチェック! → http://twcc.cool.ne.jp/bird/joyful/joyful.cgi

磯も集落も賑やかになりました。ヒジキ切りが始まり、ベエと呼ばれる小屋の回りにある農漁業作業場には、ヒジキがしきつめられて天日干しされています。この時期らしい風景ですね。

1つお知らせを。5月29日(土)10時から、佐護井口浜にて、日韓合同の漂着ゴミ清掃作業が行われます。韓国からは釜山外語大学生約100名が来島するそうです。参加は申込が必要のようで、対馬市環境政策課にお問い合わせください(TEL:0920-53-6111)。

このイベントは、毎年この時期に開催されておりますが、作業を通じて対韓両方の交流を促すことをねらいとしています。
by sagoku_tsushima | 2010-05-14 12:40 | 佐護のイベント

ブログ紹介など

佐護でブロガー(ブログをする人の意)が増えつつあります。

このブログも実は、佐護区事務局だけの投稿ではありません(釣りネタのほとんどは、釣り師のK2氏。私は下手なので、釣りネタはございません・・・)。

このブログがはじまって1年以上になりますが、佐護在住の方々だけでなく、佐護出身者含め、島内外いろんな方々が読んでくれているようです。何ともうれしい限りです。

じょじょにブログのよさが浸透してきたのか、Oさんがブログをはじめました☆ ブログ名は「大石家の農業生活」。アドレスは、http://sagomai.exblog.jp/ です。みなさん、是非ご覧ください。

もう1つ、ブログではありませんがNPO法人どうぶつたちの病院という団体のホームページがリニューアルしました。そのリンク集に佐護日記ものっけてもらっています。アドレスは、http://www.caw-trust.org:80/ です。

どうぶつたちの病院は、対馬CATVの「こっしーの動物相談」でお馴染みの獣医師・越田雄史さんが所属する団体です。ツシマヤマネコ保護やノラネコ問題の解決、イヌやネコのペットの獣医療や動物愛護精神の浸透をミッションに地域に根ざした活動をされています。
by sagoku_tsushima | 2010-05-07 23:10 | 佐護の人

見つけられる風景

佐護では田植えが始まり、水が張られた田んぼのまわりには春の渡り鳥たちの姿を見ることができます。

今年はヤマショウビンなど、バーダー垂涎の的はまだ現れていないようで、GWに島外からいらした方々は肩を落として帰られたのではないかと思います。

それにしても、今年のGWに例年に比べてバーダーの数が減ったそうです。対馬は、探鳥地として全国的に有名ですが、対馬の野鳥の数が減ったのか、バーダー自体が減ったのか、海外の探鳥地へ流れていったのか、原因は何なんでしょうか。

毎年来ているバーダーが、昔と比べて100分の1ぐらいに対馬の野鳥が減ったという言葉を聞いてショックを受けたことがあります。対馬の自然環境が変わったからか、越冬地や繁殖地に異変があったのか、ボーダレスな鳥たちの目から見るとどううつるのでしょうか。

話は変わりますが、先日、佐護の方につれられて、佐護川の上流(中山方面)に行きました。「ほら、滝があるぞ」と言われて、見てみると、実に新緑とのコントラストが美しい渓流と滝でした。人知れず、というか、特に語られることの無かった風景美。探せば、まだまだたくさん美しい風景が佐護にはありますね。
c0196087_1305229.jpg

佐護川の上流。新緑が美しい
by sagoku_tsushima | 2010-05-06 13:03 | 佐護の自然

国境の島・対馬の最西北端に位置する対馬市上県町佐護区。佐護の魅力や佐護を盛り上げるための活動・イベント情報をお届けします。


by sagoku_tsushima