カテゴリ:佐護の食( 4 )

 区長夫人がロールケーキを!
c0196087_9505119.jpg

それも「ツシマヤマネコ米」の米粉で!

生地もやわらかく、口当たりも最高!!

とても美味しくいただきました。
by sagoku_tsushima | 2013-02-18 09:54 | 佐護の食

あれ?

佐護井口のT.Tさんがカジメをお裾分けしてくださるというので、お宅を訪問。

あれ、家にいない。

裏庭に回ると、何かやっている。

え、餅つき?

久々に陽気な日差しの中だったので、正月気分に戻ったかのようでした。

いやいや、今日は旧暦で1月3日。正月ですね。
c0196087_21513528.jpg

餅つきの様子

つきたての餅をご馳走になるだけでは申し訳ないので、一つきさせていただきました。力加減が分からず、ちょっと手伝っただけで疲れました・・・。が、「きつい」とは言えないので、黙ってつきました。クールポコですな。杵と臼の餅つき、貴重な体験です。

YouTubeに熟練の餅つきの技をアップしましたので、ご覧ください。

http://www.youtube.com/watch?v=IAsEouUnDnY
by sagoku_tsushima | 2011-02-05 21:51 | 佐護の食

Arbby Kitchen

「Arbby Kitchen」。

福岡市薬院駅徒歩5分のところにある、和食、フレンチ、イタリアンのレストラン。

何と、佐護出身の方が経営されています。

お米はもちろん佐護米。水イカも野菜もご両親が調達してレストランに送られているそうです。

一番人気は水イカだとか。確かに親父さんがとった水イカは最高ですからね~。

【Arbby Kitchen(アービーキッチン)】
〒810-0011福岡市中央区高砂1丁目22-2-2階 アーク7番館205
TEL/092-522-2801
営業時間/11:30~13:30(OS14:00)、18:00~25:00(OS24:30)
定休日/日曜日・祝日
by sagoku_tsushima | 2009-11-10 18:31 | 佐護の食

ところてん

お盆には地域ごとに特色がありますね。

精霊船があったりなかったり、精霊船があっても大きさや形態が異なっていたり、盆踊りでも賑やかな踊りがあれば対馬のように男性が隊列を組んで厳かかつ風流な踊りもあります(かつて佐護湊では盆踊が奉納されていました)。

これは共通点なのか対馬の特色かはまだ分かりませんが(知っている方はお教えください)、お盆前のこの時期、ところてんを作り、仏様の前に供えてられます。

今日、佐護友谷のK青年部長の宅では、ところてんづくりの最中で、大きな「は釜」にテングサと水を入れ、薪で煮溶かす作業をされていました。盆の季節の風景で、すばらしい生活文化だと思います。
c0196087_23445192.jpg

煮溶かす作業の様子
c0196087_23455354.jpg

布で不純物を濾して大きなタッパーに入れる。冷蔵庫に入れるのではなく、自然に放熱させて固めるのだそうです。
by sagoku_tsushima | 2009-08-11 23:47 | 佐護の食

国境の島・対馬の最西北端に位置する対馬市上県町佐護区。佐護の魅力や佐護を盛り上げるための活動・イベント情報をお届けします。


by sagoku_tsushima